賃貸契約書はここをチェックしよう。

契約期間と更新の仕組みを知っておく

賃貸契約をするとき、地域による違いがあるので注意が必要です。よく言われるのが契約期間です。賃貸契約書の中に書かれていますから、必ず見るようにします。期間を定める地域としては、関東地方が多いとされます。主に2年と決められていますが、それ以外の期間もあります。では、2年契約の時にそれ以下、それ以上利用したいときにはどうするかです。それ以下でも特には問題はありません。退去時のルールに従って手続きをします。問題は延長して利用したいときです。物件によって、特に何もしなくても自動更新されるところがあります。自動更新よりも多いのが更新手続きのある物件です。こちらも更新手続きの内容が契約書にあるので、確認しておくと良いでしょう。

原状回復の範囲などを確認する

賃貸契約におけるトラブルとして、多いとされるのが原状回復費の負担です。敷金を入居時に支払いますが、本来は退去時に全額が戻されます。ただ、原状回復費が必要な時は、その分を控除して戻されます。全く戻されないときに、すべて原状回復費に充てられたといわれるかもしれません。原状回復費の取り決めは、一応それぞれの契約ごとに決められます。一応国土交通省からガイドラインが出されていて、その方法で運用するのが望ましいとされています。事前にガイドラインの内容をチェックしておき、渡された契約書と大きく異なる点がないかを確認しておきましょう。契約書に印を押せば基本的には従わないといけませんが、法的に違反する部分は取り消しを訴えられます。

北見の賃貸物件を探すには二つ方法があります。一つ目はインターネットで検索する方法、2つ目は実際に北見の不動産屋を訪れて探す方法です。